ファミリー

豚の胎盤でリフレッシュ|プラセンタドリンクで栄養を摂取

食事の方法に気を付ける

血液

早食いはしない

ヘモグロビンa1cは高血糖状態が続くと上昇しやすい値です。6,5%を超えると糖尿病の疑いが強くなります。ヘモグロビンa1cの数値はすぐには変動しません。検査前日に暴食しても絶食してもほとんど影響はありません。血糖値の上昇を抑えるためには食物繊維をまず初めに食べることが知られています。よく噛んでゆっくりと食事をした場合問題ないですが、食物繊維を食べたからと言い、残りのものを早食いすると血糖値の上昇を抑えることはできません。健康食品やサプリメントを用いても同様で早食いをすると食物繊維が働く前に吸収されてしまいます。どうしても時間がなく早食いしてしまった時にはすぐに運動をすることで血糖値を早期に改善することができます。

数値が上がる原因

ヘモグロビンa1cは高齢になるとどうしても上がりやすくなります。これはインスリンの働きが弱くなることや、運動不足などが関与しています。ヘモグロビンa1cは2,3か月の血糖の状態を示すため4月の健康診断でいい結果を出すためには少なくとも正月頃から注意する必要があります。血糖値のコントロールがうまくできていれば、高齢者であっても正常値を維持できます。血糖値コントロールのためにはゆっくり、しっかり噛んで食べること、運動以外には健康食品があります。血糖値上昇を抑える健康食品はいくつか種類があり、便秘解消作用や脂質吸収抑制作用がついているものも多くみられるためインスリンや脂肪燃焼作用が低下している高齢者にもお勧めです。